行 政 書 士 とは

 

行政書士とは、どのような資格でどのような仕事をするのか

 

行政書士は、「行政書士法」に基づく国家資格者で、弁護士や司法書士と同じく、法律の専門家です。

法律家の中でも、特に幅広い業務範囲を持っていますので、「あなたの街の法律家」としてお馴染みの職業です。

 

具体的には以下のような仕事ができます。

 

  1. 官公庁などに提出する書類の作成

  2. 作成した書類等の提出代行

  3. 書類作成に関する相談業務

  4. 官公庁提出書類の提出手続きの代理

  5. 契約書等の書類を代理人として作成

行政書士が扱うことのできる書類は10,000種類以上あるといわれており、多くの方のお手伝いをすることができます。

行政書士と司法書士の違い

 

似たような名前で、どう違うのかわからないという方が大半だと思います。

どちらの資格も難関な法律の国家試験を合格し、「書士」という名前の通り書類作成をする仕事というのは共通しています。

全てがそうではありませんが、大きく分けると行政書士は「官公庁(役所)」に対して行い、司法書士は「法務局(主に登記)」に対して行います。

相談料無料

​お気軽にお問い合わせください

090-6671-9431

メールでお問い合わせ

お電話でお問い合わせ

お問い合わせはこちら

  • ameblo_logo
  • Twitter Social Icon
  • Facebookの社会的なアイコン